メンヘラに恋は難しい?脱メンヘラ恋愛ブログ

メンヘラ直して幸せになるのだ!メンヘラで恋に失敗ばかりしてきた人のブログです。

傷つくことなしに恋愛なんかできないんだ。

最近、婚活パーティに参加するのがマイブームになっている。

たくさんの男性と話ができるし、マッチングできるかできないかの駆け引きはまるでゲーム。ワクワクする。しかも女性の参加費はすごく安い。

ワクワクできて、男性の連絡先もゲットできて、それ自体も楽しい。そりゃあはまるだろう。

 

そんなテンションでパーティー行っちゃダメな気がするのだけれど。

 

で、あるパーティで1歳年下の男性とマッチした。

 

その男性は、普通にしていれば普通の男の子、という感じ。

童顔でかわいい感じの、イケメンの部類に入るだろう。

 

40代中心、やや年齢層の高めのそのパーティーの中で、彼は少し浮いていた。そのためか、パーティー中はすごくおとなしかった。

緊張しているか、猫をかぶっているように見えた。

 

ほかにいい男性もいなかったし、もう少し話してみようと思って、その男性を第一希望に指名したら、マッチングできたのだった。

 

 

 

「僕はモテないし、女性にいい思い出がないんです」

 

開口一番に、彼はそう言った。

 

見た目は超普通。いや、ちょっと童顔でモテそうな気もするけど。

 

とにかく彼は、自分には自信がないと強調した。

 

 

なんでも、これまでもこういったパーティに出ては、

3人とマッチングしたらしいのだけれど、全員とうまくいかなかったらしい。

 

「それで傷ついて、トラウマなんですよね・・・」

 

 

何度も、トラウマだと言った。

 

 

それが、私には「君は僕を騙さないでね」というメッセージに聞こえてしまった。

きっと、本人は無自覚なのだろうけれど。

 

 

たしかに、傷つくのは怖いことだ。

私だって、できることなら傷つきたくなんかない。

 

でも、「傷つけないで」と何度も訴える彼の挙動に、どうしても違和感を感じてしまった。

 

 

私だって、だれかを傷つけるために生きているわけではない。

 

でも、結果的に傷つけてしまうことはある。

 

 

相手を傷つけないようにするためには、相手の意見すべてに迎合するしかない。

でも、私は一人の人間で、わたしはわたしなんだ。

 

私にだって都合はあるし、意思もある。気持ちもある。

 

一切傷つけないように付き合うなんて、土台無理な話だ。

 

 

恋愛をしたいなら、多少傷つく覚悟も、傷つける覚悟も必要だと思う。

 

 

 

「トラウマが」とか「恋愛が怖い」としきりに訴えるうちは、

まだ、恋愛を始めるべきではないのかもしれない。

 

 

嫌なことを嫌だといったら人として尊重された話。

自分を大切にするとは、嫌なことは嫌だということだと前の記事で書いた。

 

これをしたら、人から嫌われるのでは?と思う人もいるかもしれない。

 

 

答えはYesであり、Noでもあった。

 

 

たしかに、わたしの物言いに不快感を覚えて去っていく人もいる。

 

 

でも、その人はきまって私から何かを搾取しようとしている人なんだ。

 

 

わたしを都合よく利用したい人とか。

体だけが目的の人とか。

 

 

そんな人と長く付き合っていたら、どうなるか?

 

そのときはいいかもしれないけれど、付き合いが続いて、搾取され続けたら、いつかまたメンがヘラる。

 

つまり、自分の身を滅ぼす。

 

 

 

だからダメ。

去ってもらった方がこちらも都合がいいのだ。

 

 

自分が嫌なことをNoと言うようになってからは、

自分を大切にしてくれる人だけが、まわりに残ってくれた。

 

 

そういう人たちは、私が正直でいることをよく思ってくれる。

 

「素直に話してくれるから安心して付き合っていける」

と言ってくれた。

 

 

いつも誰にでもいい顔をする人は、疑われる。

だって、誰にだって光と影があるんだから。

 

光しかないような人は、かえって怖がられる。

あの人には裏があるぞ、と。

 

 

だから、Noを出した方が、人間らしい。

人間らしいから、安心してもらえる。

結果、尊重してもらえる。

 

 

嫌なことを呑み込めば、逆に嫌われる。

 

嫌なことをハッキリ伝えれば、尊重される。

 

 

だから大丈夫。

メンヘラがだめんずを製造してしまう理由

2か月前に「付き合おう」と言ってきた男性がいる。

その相手とは、付き合う話になってから一回食事をして、それきりだった。
LINEもそれきり一回も来なかった。

まあ、私から送ったりも一切しなかったんだけど。

 


で、その男から2か月ぶりにLINEがあり、電話がかかってきた。
夜の24時だ。

 


概要はこう。


忙しくて全く連絡ができなくて申し訳なかった、今週末にまた会いたいと。

 

甘やかしがダメ男を生む 


私は気が付いた。

 

「こいつ、ダメ男だ」と。

 

2か月も放置する男性を、いい男だと思えない。

連絡もない、会いにも来ない男性を、わたしは好きではない。


ダメ男と連絡を取り続けることはできない。

 

 

きっと今まで優しすぎたんだろう。


この男のことはあまり好きではなかったけれど、好きな男性からの連絡だったらきっと
「ぜひまた食事に行きましょう」と許していたと思う。


だめんずはなるのもではなく、作るものなのかもしれない。

 

わたしが、今までの男性をダメにしていたのかもしれない。

 

 

Noを突きつける


好きになると、その人に好かれようと必死になってしまう。
メンヘラ気質のある人は特にそうだと思うけれど、メンヘラに限らず、非モテもそうだろう。
ねえ、非モテさん。

 

だから、相手のわがままを許してしまう。


そうすれば好かれると信じて。


相手の望みを満たしてあげることこそ正義だと信じて。

 

でも私は気が付いてしまった。
相手のわがままを許せば許すほど、相手の気持ちは離れていくものだと。

 


私は今まで、相手のわがままを受け入れてきた。
それが恋人としての役目だと思っていた節がある。

 

自分を殺して、相手に尽くすことこそ美徳だという価値観。

 

でも、それでは本当に自分が死んでしまう。

おまけに、相手からも大切にされない。


誰も得しないんだ。

 

まずは、相手を大切にすることよりも、自分を大切にすることを優先するべきなんだ。

 

自分を大切にするとはどういうことか

 

自分を大切にするとは何かというと、

 

嫌なことにはハッキリNoを突きつけること。

 


「これをされるのは嫌だ」とはっきり言おう。


ハッキリ言えないのは、自分がない証拠だ。
相手の人生を生きているだけだ。

 

Noをハッキリ伝えて離れていく人なら、その人はあなたの人生をつらくする人だから、離れてくれればいいんだ。

 

そのくらいの気持ちで付き合えばいい。

 


人生は恋人のものではない。
私のものであり、あなた自身のものなんだ。